2020.12.24

New Faculty Development Program 2020 =Report #3=

秋学期の火曜日に毎週開催しているNFDP (New Faculty Development Program)、2020年度も無事に終えることができました。今回は、前回の記事に続いて2020年度NFDPの報告をまとめてお届けいたします。

9月29日に実施されたセッションのテーマは「Engaging students as partners in teaching and learning」でした。昨年度ICUに着任されNFDPの参加者であった先生を、今回はファシリテーターとしてお迎えして開催しました。昨年度のNFDPに参加された先生方や、EMIプログラム*の参加経験者もセッションに加わり、参加者間の交流が充実した回となりました。

10月13日には「Syllabus development」セッションを開催しました。毎回教育学の先生がファシリテーターとなり、クイズやディスカッションを通してより質の高いシラバスの構築・記述を目指すこの回ですが、今年度は「そもそもシラバスの定義は何か」といった本質的なディスカッションへと発展しました。

続いて「Teaching for diversity and inclusivity」と題したセッションが10月20日に実施されました。セッションは教育学等の文献で扱われている概念の紹介から始まり、教育学教授であるファシリテーターの先生がリベラルアーツ教育の場で見られる多様性の特徴、国際的なインクルーシブ教育の流れをお話ししてくださいました。ディスカッションやロールプレイを交えながら、ファシリテーターと参加者の間で活発な意見交換が行われました。参加者の発言をどれも丁寧に汲み取り拾ってくださるファシリテーターの先生のおかげで、非常に和やかな回となりました。

10月27日には、ELA講師でありGoogle Certificated Educatorでもある先生の指導のもと、「Google Classroom Session」を開催しました。Google Classroomの使い方に限らず、MoodleとGoogle Classroomの違い、どのような授業にどちらのLMSが向いているかなどの情報も共有されました。2020年度オンライン・ハイブリッド授業の開講により、どのオンラインツールをどのように使用するか迷われている先生方にも非常に有益なセッションであったと思います。セッションの録画はICU-TVで公開されていますので、ぜひご覧ください。
https://sites.google.com/icu.ac.jp/icutv-faculty-staff/home/orientation-nf-e-20201027 (学内限定)

NFDPも終盤に近づいた11月3日、「Teaching and communication in English」と題したセッションを実施しました。ファシリテーターには、心理学・言語学教授であり、ELP**で教えられていた経験もある先生をお迎えしました。その豊富な経験と知識から、教育の場に直結した貴重なお話を伺うことができました。また先生のお人柄もあり、このセッションに集った先生方が打ち解けた回になりました。

11月10日、2020年度NFDPが最終回を迎えました。セッションの最初に、学修・教育センター長と参加者で「Social Session」の時間を持ち、ICUのアドヴァイザー制度や、学生との関わり方について情報共有がなされました。その後、学長・副学長・教養学部長・学生部長を含む役職者に囲まれながらCertificateの授与が行われ、今年度のNFDPが締めくくられました。

11月30日には、NFDP番外編として「Behind-the-Scenes Campus Tour」を開催しました。キャンパスツアーを通して新任の先生方に主要な部署や建物をご案内することができました。また今年度は外を出歩く機会もめっきり減ってしまいましたが、当日は天気にも恵まれ、先生方と会話をしながら学内を回るという有意義な時間を持つことができました。

2020年度も、お忙しいスケジュールの中、非常に多くの先生・教職員の皆さまにファシリテーターとしてご協力いただきました。今年度はオンライン・ハイブリッド授業の開講により、いつも以上に授業準備に多大なお時間を費やされているにも拘わらず、快く引き受けてくださったことを心より感謝いたします。また、新任の先生方にとってこのオリエンテーションが、ICU教員生活のスムーズなスタートの一助となれば幸いです。先生方が今後も実り多いICU生活をお送りできることを願っています。

* Oxford EMI training program 英語が非母国語の国での英語による授業の向上を目的とし、Oxford EMI training講師陣が英語による教授法をレクチャーするプログラム。2018年9月と2019年3月には本学で開催され、これまで10人以上の本学教員が参加しました。

** 現在のELA: リベラルアーツ英語プログラムの前身にあたる英語プログラム

IMG_2772.jpg Matsumura-sensei.jpg IMG-2729.jpg