JP/EN
ICU

オンラインクリスマス演奏会2020

2020オンラインクリスマス演奏会は、大盛況のうちに終了いたしました。

オンライン配信という、新しい試みではございましたが、
沢山の方々にご視聴頂き、そしてお喜び頂きましたこと、出演者をはじめ、
関係者一同、心よりお礼申し上げます。

 

ご購入頂きましたURLより、12月25日(金)までご視聴可能です。
アドベントの期間に、美しい演奏を楽しんで頂けると幸いです。

 

Merry Christmas!

 

 

 

Not Distance, but... Systance

Sysはラテン語で「ともに。」Stanceのラテン語の語源は「立つ」、合わせて「ともに立つ」。身体的に距離はとっても、心は寄り添い、この困難な時にともに立ち向かいたい。 そんな願いをこめた造語、Systance(シスタンス)。12人の音楽家と学生がその思いを届けます。

 

プログラム

H. I. F. ビーバー    『ロザリオのソナタ集』より《受胎告知》
H. シュッツ          《マニフィカート》(SWV 494)
G. ガブリエリ      『シンフォニア・サクラ集』より《天の御使いは》、《正しき人よ主にあって喜べ》
M. プレトリウス  《幼子はベツレヘムにお生まれになった》
H. パーセル          《シャコニー》
S. シャイト/J. S. バッハ  《愛らしき幼子イエスよ》
J. S. バッハ          《ピエス・ドルグ(オルガン曲)》 (BWV 572)
G. F. ヘンデル      『メサイア』より 《私たちのために幼子がお生まれになった》
J. S. バッハ          『ロ短調ミサ曲』(BWV 232) より《サンクトゥス》、《我らに平和を与えてください》

出演者

清水 梢・藤井 あや(ソプラノ)
上杉 清仁(カウンターテノール)
谷口 洋介(テノール)
中川 郁太郎(バス)
原田 陽・堀内 由紀(バイオリン)
佐々木 梨花(ビオラ)
山本 徹(チェロ)
山本 庸子(チェンバロ)
田宮 亮(パイプオルガン)
佐藤 望(指揮)
 
 
ちらしはこちらからご覧になれます。
2020クリスマス演奏会.pdf