桜並木再生プロジェクト

2014年4月から2016年3月に募集した「ICU桜募金」のご支援をもとに、"桜並木再生プロジェクト" では72本それぞれについて継続的に診断を行いながら、さらに景観を大きく変えることがないよう年2本から3本を目処として、15年から30年をかけて計画的な桜並木の再生・保全を行います。

記事掲載のご報告

本学 富岡 徹郎(総務担当理事)が執筆したICUの桜に関する記事が大学の先進的な取り組みや高等教育に関する情報誌「大学時報」に掲載されました。記事は以下よりご確認いただけます。

大学時報396号

実施報告

募金終了のご案内