ICU生によるビジュアル版世界人権宣言 翻訳・出版プロジェクト募金(募金期間は終了いたしました)

ICUでは1953年の第1回入学式以来、世界人権宣言の原則にたち大学生活を送る旨を記した誓約書にすべての入学生が署名を行い、ICUでの大学生活をスタートさせてきました。この学生宣誓は、多様な背景や価値観を持つ他者を尊重する国際的社会人を育成する環境を提供する上で欠かせないものです。

岩切学長のもと、学生生活における学生宣誓のさらなる実質化に向けて、学生宣誓の依拠する「世界人権宣言」の全学的な理解を深めるべく、日英仏三言語版『ビジュアル版世界人権宣言』出版プロジェクトが発足しました。ICU教員を講師として、人権や翻訳に関するセミナーにより学びを深めつつ、40名を越える学生プロジェクトメンバーが三言語版『ビジュアル版世界人権宣言』出版に向けて活動しています。

学生が翻訳した書籍は2022年3月頃の出版を予定しており、完成した書籍は新入生へ配布いたします。ご寄付は、書籍の購入費として活用させていただきます。

入学式での学生宣誓の伝統が、本書籍の配布によって、未来の新入生へさらに深い理解と共に受け継がれていくことを願っています。

ICU Webサイト「世界人権宣言と学生宣誓」
https://www.icu.ac.jp/about/#pledge



UniversalDeclarationofHumanRights_02.jpg
ceremony02.jpg
ceremony01.jpg

 

 

ICU生によるビジュアル版世界人権宣言 翻訳・出版プロジェクト募金概要

募金目的
本プロジェクトにて翻訳、出版する書籍を新入生に配布いたします。寄付は書籍購入費として活用いたします。
募金目標額
2,000,000円
募金期間
2021年9月1日~11月30日
寄付の方法
寄付の方法: 金額はご自由です。送金方法は ご寄付の方法 をご覧ください。
免税措置
国内在住の方は寄付控除の対象となります。
アメリカ・カナダ・メキシコ在住の方はJapan ICU Foundation(日本国際基督教大学財団)にお問合せください。
顕彰
学報 "The ICU"等で顕彰いたします(匿名ご希望の方を除きます)。
ご寄付総額が累計で一定額以上のご寄付者に対して、記念品を進呈いたします。
特別記念品
1万円以上のご寄付をくださった方の中から抽選で30名の方に、特別記念品:ICU Honey をお贈りいたします。

 

【学生のメッセージ】

本プロジェクトに参加している私たち学生の思いをお伝えしたいと思います。

このプロジェクトには約40名の学生が参加し、5つのチームに分かれて翻訳作業を進めています。学生は全員、ICU portal で岩切先生がこのプロジェクトの協力学生を募集しているのを見て参加しました。

プロジェクトに参加した理由はメンバーそれぞれ異なり、翻訳に興味がある、世界人権宣言についてもっと学びたい、ICUの授業で身につけたフランス語を活用してみたい、"ICUらしい"ことをしてみたい、そして、コロナ禍で他の学生と一緒に何かするきっかけがほしい、など様々でした。また、初回のミーティングにて「この本が出版され、ICUに入学する新入生に配布される予定である」ことを聞いてより強くこのプロジェクトに参加したいと思ったメンバーも多くいました。

当初の参加のきっかけはそれぞれですが、全員がこのプロジェクトを通して多くのことを学びました。初めて翻訳に携わるメンバーが多く、特に出版に向けて品質を確保するためにも、誤訳が絶対にあってはならないという点をプレッシャーに感じました。原文の内容も難しく、多くの時間をかけてさまざまな哲学者や概念、歴史などを調べたり、読み返したりしました。このプロジェクトは私たちにとって世界人権宣言の目指すものを改めて考え、ICU生にとってどれだけ大切なものかを再認識するきっかけとなっています。

このプロジェクトには私たちのこのような思いがつまっており、未来の新入生がこの本を手に取ってくれるのを非常に楽しみにしています。

ICU翻訳プロジェクトチーム

 

特別記念品:ICU Honey

ICUでは人権問題、環境問題など地球規模の様々な社会課題について学生が主体的に学び、自分の置かれた環境でできる取り組みを実践してきました。
現在キャンパスの豊かな自然環境のもと、「ENV202:環境の政治と規範: 自然、食、農の視点から」の授業から生まれたプロジェクトとして学内で西洋ミツバチ、日本ミツバチの養蜂を行っている学生たちがいます。養蜂から採蜜、販売までの一連の活動を通じて、環境問題や地域コミュニティ作りなどの課題に取組み、SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」とはどういうことなのか、実体験を通して学びを深めています。
2021年春に17キロの蜂蜜を採蜜することができ、ICU産生蜂蜜「ICU Honey」を数量限定で販売できるまでに至りました。 この学生たちの取り組みの成果である貴重な蜂蜜を、今回のプロジェクト募金の記念品として分けてもらえることになりました。10,000円以上のご寄付をくださった方を対象に、抽選で30名の方へ蜂蜜のセットをお贈りいたします。