教育施設の整備 D館東棟修繕募金

ディッフェンドルファー記念館 東棟 (略称 D館東棟)(1958年に完成:設計=ヴォーリズ建築事務所)は、ICU創立に貢献のあったディッフェンドルファー博士の名を冠した、地上3階、地下1階建ての建物で、講堂(オーディトリアム)、学生クラブ活動室、宗務部などがあります。本邦初の学生会館として、ICUにおける学生活動の拠点や学生と教員の交流の場として、多くのICU生に親しまれてきました。また、学内の基督教関連団体や教会関係者の集会施設としても広く利用されています。

さらに、建物の外観や斬新な意匠の価値が認められ、2016年度DOCOMOMO Japan選定作品となりました。今回の修繕工事では、建設当初の意匠を残しながら、設備機器の更新や劣化した内装部分の補修を実施していく予定です。

工事完了予定は2021年冬頃を予定しております。


 

Diffendorfer MemorialHall300-200.jpg
竣工時のモニュメント
D館東棟外観100413-1.JPG
D館東棟外観
オーディトリアム
オーディトリアム

 

教育施設の整備 「D館東棟修繕募金」の概要

募金目的
ディッフェンドルファー記念館東棟修繕工事の費用の一部として活用します
募金目標額
1億円以上
募金期間
2020年10月5日から2023年3月31日まで
免税措置
国内在住の方は寄付控除の対象となります。
アメリカ・カナダ・メキシコ在住の方はJapan ICU Foundation(日本国際基督教大学財団)にお問合せください。
顕彰
期間中に1万円以上のご寄付を賜りました方々のご芳名は、募金期間終了後にD館内へ設置する顕彰板に刻み、末永くICUの歴史に留めさせていただきます。
全てのご芳名は学報 "The ICU"等で顕彰いたします(匿名ご希望の方を除きます)。
ご寄付総額が累計で一定額以上のご寄付者に対して、記念品を進呈いたします。
特別記念品
当募金は10万円以上のご寄付を賜りました方々へD館のガラスを再利用した特別記念品を進呈いたします。当ページ下部にございます 「D館東棟修繕募金特別記念品」 をご覧ください。

 

【ディッフェンドルファー記念館長 メッセージ】

PROFYAJIMAIICUでの学生生活を振り返って、最も懐かしい場所はどこですかと問われれば、「D館」(デッフェンドルファー記念館)とお答えになる方が多いのではないでしょうか。D館は近代日本西洋建築史に不朽の業績を打ち立てた米国出身の天才建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの手によって1958年に日本で最初の大学学生会館として建てられました。2018年には60周年記念行事を祝し、多くのOB・OGの皆様に母校を訪問していただきました。ヴォーリズの建築の多くが有形文化財として登録されていますが、ICUのD館東棟にもヴォーリズ建築の粋を集めた多くの意匠が埋め込まれています。

この度、築後60年超となり安全面での改善を軸にして、さらに多くの学生たちの交わりと大学での憩いの場所となるように大規模な修繕を行うことになりました。卒業生の皆様の思い出が詰まったD館は、この修繕を経て、これからも後輩諸君の大学生活の大切な舞台として用いられ、愛され続けます。皆様の貴重なご支援とご寄付を心よりお願い申し上げます。

ディッフェンドルファー記念館長 矢嶋直規   

 

 

■ディッフェンドルファー記念館 東棟のご紹介(動画)

 

 

歴史的建造物としての解説

 

■ ご寄付者からのメッセージ(近日公開)

 

■ D館東棟修繕募金特別記念品

  • 記念品 : ガラス製サンキャッチャー(非売品)、D館サッシ硝子利用
  • デザイン : 一粒社ヴォーリズ建築事務所

※ 記念品の絵柄は、D館、本館、大学礼拝堂の3種類があります。絵柄をご指定いただくことができません。
※ 写真はサンプル品です。お届けする品と異なる場合がございます。
※ 本特別記念品の数に限りがあります。記念品の数を超えるご寄付をいただいた場合、本学オリジナルグッズをお送りいたします。