新型コロナウイルス緊急支援募金

本学では、今般の新型コロナウイルス感染症による感染防止対策によって経済的な損失を被り、学業を継続することが困難となった学生を救済するための特別給付金(秋学期授業料・施設費)に充てるため、期間を限定してご寄付を募っております

donate_btn.png

 

新型コロナウイルス緊急支援募金の概要

     
  • 募金目的:新型コロナウイルス感染症対策により経済的な損失を被り、学業を継続することが困難な学生を救済するための特別給付金のため
  • 募金目標額:7,500万円以上(2,500万円以上より改定)
  • 募金期間:2020 年5 月から2020 年8 月31 日
  • 免税措置:国内在住の方は寄付控除の対象となります。アメリカ・カナダ・メキシコ在住の方はJapan ICU Foundation(日本国際基督教大学財団)にお問合せください。
  • 顕彰:学報“The ICU”等で顕彰いたします(匿名ご希望の方を除きます)。

 

cov-sta.png

【学生部長 メッセージ】

このような事態をだれが想像したでしょうか。新型コロナウイルスは今や、すべての人間の生命だけでなく、経済活動までを脅かし、日本と世界の経済に2008 年のリーマン・ショック以上の打撃を与えています。しかもこの未知のウイルスについては、収束にどれほどの時間がかかるのか、何をもって収束とみなすのかが現時点でわかりません。

こうした状況下、在学生や入学予定者の保護者からは、家計の急変による学費納入についてのご相談がすでに届いています。

この困難な状況でも学びを続ける学生たちが、将来、誰しもが直面したことのない課題に果敢に挑戦できる、課題解決能力を持つ人材として社会で活躍することを期待し、新型コロナウイルス禍およびその余波で経済的に困窮する学生のために、まず2020 年度秋学期の授業料・施設費を支援すべく、給付金を創設いたしました。

困窮する学生に対し、本学としてできる限りの援助をしていくために、広く皆さまからのご支援をお願いする次第です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

学生部長 加藤恵津子

 


※募金総額が秋学期の「緊急特別給付金- COVID-19」総額を超えた場合には、原則、冬学期以降の新型コロナウイルス対応のために使用します。更なる余剰分については、他の奨学金の原資に組み入れる可能性もありますことを予めご了承ください。

donate_btn.png


理事長・学長メッセージ

ご寄付者からのメッセージ