国際サービス・ラーニング

isl.jpg
 
ICUの献学精神の一つである国際性を活かしたサービス活動を行うのが、国際サービス・ラーニング。海外のパートナ一大学・機関は、教育、福祉、開発などさまざまな分野でのプログラムを展開。複数国の学生が協力して活動するプログラムもあり、世界をフィールドにサービス活動を実施しています。
 
サービス・ラーニング・アジア・ネットワーク(SLAN – Service-Learning Asia Network)
 
アジアを中心とした大学や機関とのネットワークを通じて、学生を派遣しています。それぞれ、特色のあるプログラムで、現地の学生とともに、学校や児童養護施設、障害者施設、貧困地区、農村などで活動しています。
 
SLAN.jpg
 
機関・プログラム内容
インド

レディ・ドーク大学(Lady Doak College)

香港や韓国の学生と共にレディ・ドーク大学のInternational Service-Learning Programに参加。主に障がい児施設、学校、孤児院で子どものサポートを行ないます。カースト制度やジェンダーに関する学生同士の討議、ホームビジット、史跡観光などを行う年もあります。

ユニオン・クリスチャン大学(Union Christian College)

小学校、盲学校で子どもと関わったり、現地の人と共に平和について考察する活動が主体です。大学での講義受講、日本の歴史や制度についてプレゼンテーションをする機会もあります。ヒンズー教の影響が強いインドにあって、複数の宗教が混在し、一般的なインドと異なる雰囲気を持つ土地柄も魅力です。

タイ

アサンプション大学(Assumption University)

サービス・ラーニングを必修としている大学であるため、タイ国内に多くの活動先を持っています。過去には、パタヤの障がい児施設や孤児院での支援、バンコク近隣の高校にて日本語・英語教育のサポートなど行っています。宿泊は大学寮とホームステイ。大学で日本語を学ぶ学生との交流の機会もあります。

インドネシア

ぺトラ・クリスチャン大学(Petra Christian University)

ぺトラ・クリスチャン大学のCommunity Outreach Programに参加。インドネシア・オランダ・韓国・中国・香港・台湾からの学生チームと共に、8箇所の村に分かれて、約4週間にわたる地域支援活動(施設整備・修繕事業など)を行います。英語での積極的なコミュニケーション能力が必須です。

フィリピン

シリマン大学(Silliman University)

1週間ごとに孤児院、DV被害者支援団体、シェルター、小学校での教育サポートなど異なる団体を訪れて活動をするため、さまざまな社会問題について学ぶ機会があります。現地学生がバディとして常に付き添ってくれるので心強く、学生間の絆も深まります。

中国

愛徳基金会(The Amity Foundation)

南京に本部のあるキリスト教系のNGOで、中国全土で事業展開しています。その中の教育部が毎年ICU生のためにアレンジしてくれるサービス活動。愛徳基金会が運営する知的障がい者施設や老人ホーム、少数民族コミュニティなどで活動します。欧米からのボランティアも受け入れているため、一緒に活動する機会もあります。

 
 

その他のエリア
 
2020年度より、アルゼンチンのブエノスアイレスにあるサン・イシドロ大学(Universidad de San Isidro)、南アフリカのケープタウンにあるケープタウン大学(University of Cape Town)と提携し、持続可能な開発(Sustainable Development Goals: SDGs) に関連する新しいサービス・ラーニングのプログラムを実施することとなりました。
 
機関・プログラム内容
アルゼンチン

サン・イシドロ大学(Universidad de San Isidro)

 
活動先は、次の2つ。一つ目は、知的障がい者の社会参加を支援する施設の「El Arca」で、ワークショップに参加し、折り紙や日本食など日本の文化を伝えられるようなアクティビティを企画運営。二つ目は、貧困層の市民が多く住む地域で、家庭環境等から十分な教育を受けていない子どもたちのために、高い水準の教育を無償で提供する「Plácido Marín School」。幼稚園児から高校生を相手に、日本語や日本文化、日本で起きている社会問題等を伝えるクラスを企画実施します。
 

※2020年度新規プログラムのため、上記内容に変更が生じる場合があります。

南アフリカ

ケープタウン大学(University of Cape Town)

主なテーマは持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development - ESD) と地球市民教育(Global Citizenship Education – GCE)で、私立および公立小学校、環境関連のNGO、植物園などでサービス活動を行うほか、土曜日はUCTが行っている土曜学校(高校生支援)にも参加します。UCTの学生との交流や、レクチャーを聞く機会、ホームステイなども予定しています。

※2020年度新規プログラムのため、上記内容に変更が生じる場合があります。